購入まえの試乗

中古車を購入するときに、外観や車の内装などのチェックはもちろんですが、実際にクルマは乗ってみないと分からないところがあります。

というわけで、現在は中古車販売店によっては試乗できるところもがたくさんあります。とにかくも、買う前にはいちど試乗したいもの。なのに試乗を断わる販売店は、怪しいと思って避けたほうがいいですね。

もし、あなたが運転してキズをつけてしまうのが心配であれば、販売店の営業マンに運転させて同乗することは最低限必要でしょう。

では、試乗もしくは同乗して、チェックするポイントにはどのようなものがあるでしょう。

fit220

まずはエンジンです。エンジン音はもちろん、加速するスピードもスムーズか、きちんと確認する必要があります。

そして、ハンドリングです。違和感がないか注意しましょう。たまに事故歴があるクルマで、へんな癖がついているものもあるので要注意です。

エンジンとおなじように重要なのがブレーキです。効き具合はもちろん、踏み込みやブレーキのかかり具合をチェックしましょう。できれば、坂道でのブレーキの効き具合もチェックしたいところです。

つぎにミッションのチェックもしましょう。もし、マニュアル車なら、チェンジがスムーズか、変な音がしないか、またクラッチに滑りがないか確認しましょう。ギアが入りにくい車は避けた方が無難でしょう。

サスペンションの反応もチェックしなければいけません。踏切を横断したとき、異常な揺れはありませんでしたか。

また、走行中に車体が左右どちらにも傾いていないかチェックしましょう。走行中にハンドルを切った時に左右とも異常がありませんでしたか。

自分で乗って確かめることが中古車選びではとても大切です。

 

下取りと買い取り

中古車選びの際に気になってくるのが、今乗っている車の下取り価格のことではないでしょうか? 中古車は新車を購入する場合と違って車自体の価格が値引きされることはほとんどありません。

そのため、下取り価格が実質的な値引きのような働きをするので、中古車選びにあたって下取りはとても大切にな要素になります。

自分の車の下取り価格の相場をある程度知っておかないと、販売店の言い値になることが多いので気をつけましょう。

そもそも、下取り価格の査定は、新車の価格から、年式や走行距離、事故歴などをチェックし、減点方式で査定していくのが通常です。

したがって、人気の車であるからといって加点されることはありません。自分が愛車を普段からどのように扱い、乗ってきたかということが大切になってきます。

もし、自分が思っていたより下取り価格が低い場合は、そのまま販売店に下取りに出すのではなく、中古車の買い取り専門店に売ることも考えてみましょう。

基本的に愛車を売却する場合、下取りより価格より買い取りの価格の方が高いと言われています。さらに、たんに中古車買取専門店の店頭に持参して査定してもらうのではなく、インターネットを利用した車の一括査定というものを利用したほうが、さらに買取価格は高くなると言われています。

下取りと購入が別のお店になるので、面倒だと考える方もおられますが、思ったほど面倒なことはありません。

売却額の差が大きいので、少しの面倒くささは気にならないでしょう。

 

中古車査定士

車を買い取ってもらう場合に、中古車買取専門業者や中古車販売店で車を買い取ってもらうときは、中古車の査定を行ってから買取の流れになるのが普通です。

中古車は使用状況によって同じ車種で同じ年式の車でも買取金額に差が出るため、査定が難しいという特徴があります。

中古車査定士という資格制度がありますが、これは中古車の査定ができるという証の資格で、中古車買取専門業者や中古車販売店で中古車査定士が車の査定を行っているというケースはよくあります。

基本的に中古車査定士は中古車査定士になるために査定の実技や学習を積んでいるので、中古車査定士の資格を持っていないスタッフに比べると査定の面で安心ができます。

ただし、車の査定に関しては必ずしも中古車査定士がしないといけないということではなく、車の査定に関しては中古車査定士の資格を持っていない人も多く行っています。

しかし、中古車査定士という資格を取得している人に車の査定をしてもらう方がより市場価格に沿った金額になり、悪質な業者に騙されるリスクもかなり小さいと言えます。

車を買い取ってもらう場合に中古車取扱業者に買い取ってもらうときは、中古車査定士による査定を受けることができる業者に依頼することをおすすめします。

しかし、この中古車査定士制度はできてそこまで日数が経っていないということで、まだまだ中古車査定士の資格を取得している人は少なく、場合によっては中古車査定士が見つからないときもあります。

 

人気の中古車

中古車でも、やはり人気のクルマに乗りたいと思う人は多いと思います。その中古車も何を重視するかによって、選び方の基準が変わります。

いま、中古車の人気は、新車の人気に連動して小型自動車に人気があります。ヴィッツやフィット・アクアなど、いつも上位を占めています。

小型車が上位を占める要因としてガソリン代の高騰がありました。いまは、シェールオイルに対抗するなどの理由により、ガソリン価格は下降気味ですが、いつまでつづくか不安に思っておられる方も多いでしょう。やはり、小型車の方が安心できるでしょう。

ホンダのフィットは幅広い層に人気のある車です。フルモデルチェンジをしたため、旧型のフィットが50万円前後で手に入ります。カラフルでスタイリッシュなデザイン、広い室内でいろいろなユーザーに支持されていて人気があります。

大きめのミニバンタイプの車で人気なのは、セレナやエスティマです。エスティマはミニバンの先駆者と言われています。古い型の中古車も人気で、若い世代にも人気があります。セレナも人気があります。旧型と新型ではかなりデザインに違いがありますが、どちらも人気です。

ハイクラスなところでは、クラウンやスカイラインに人気があります。乗り心地の良さと余裕の室内、さらに静かなエンジンとそのパワーに人気があるのでしょう。

軽自動車では、ホンダのN-BOXやダイハツのムーヴなどに人気があります。コンパクトなデザインや軽とは思えない広い室内空間、カラフルなボディデザインが多くの人の好まれるからでしょう。

クルマの大きさによって人気の車種が異なりますが、一般的に新車で人気のあるものは、中古車でも人気があると言ってもよいでしょう。しかし、個々の中古車選びには、こだわりたいものですね。

 

販売店選び

中古車選びでいちばん気にかかるのは、販売店選びではないでしょうか。変な中古車を掴ませられないかを見分けるのは、われわれ素人にはかなり難しい、というよりほとんど不可能に近いものがあります。

ですので、間違った販売店を選ぶと大変な目に遭うことになります。まあ、わたしたちがもっとも無難なのは正規ディーラーが経営する中古車販売店でしょう。ただ、少し価格が高めなのは覚悟しなければなりません。

他の街中の中古車販売店でも、こちらの希望を熱心に聞いてくれる店や的確なアドバイスをくれる店は、良い店でしょう。お店の規模や看板だけで判断せず、丁寧に質問に答えてくれてり、保証のついている中古車販売店なら、ある程度安心できるのではないでしょうか。

もし車のオークション等などの詳細を教えてくれるの店であれば、なおよいでしょう。車の値段を相場と比較して説明してくれる店はよいですが、言葉を濁すお店はやめたほうが無難です。

事故に遭った車は綺麗に修復されているので素人の目ではわかりません。良いお店は修復歴があればきちんと説明してくれます。お店の人の言葉を信用するしかない以上、お店の方の対応には、ぜひ気を配りたいものです。

購入した後に、事故車だったという事がないようにしたいですね。自社に整備工場があれば、年数の経った車でもきちんとメンテナンスなどの対応をしてくれるというメリットがある半面、悪徳業者なら、そん専門知識を悪用して修復歴やメーター改ざんなどをキレイに隠蔽されることもあるので、お店選びは大事です。

また稀少価値のある車でない限り、色んな販売店を見るのが大切です。安いだけでなくきちんと、顧客の立場に立った説明してくれるお店を選びましょう。よいお店でよい中古車を選ぶが一番です。

 

女性の中古車選び

女性と男性とでは、中古車選びにも若干差が出てくるようです。

女性は男性と比べて、性能や機能より、色やデザイン性を重視する人が多いそうです。使用目的も、男性のように長距離運転することも少なく、ほとんどが買い物や通勤に使うので、可愛らしくて個性のあるクルマに人気があります。

女性には、カバンや服装がおしゃれであると同じように、クルマもおしゃれの一部と捉えて、自分のライフスタイルに合ったクルマ探しをする傾向があります。

ボディカラーは、今までにない個性的な色やパステルカラーも人気を集めていて、メーカーも色の種類を充実させてきており、自分好みの色が見つかるかもしれません。

デザインは、女性には丸みを帯びて可愛らしいクルマに人気があるようです。軽自動車やコンパクトカーは車内が狭くなるものと思いがちですが、最近は、いかに広く車内空間を演出するかということに主眼をおいたデザインが主流になっています。

最近は車内装備にこだわる女性も多く、化粧ポーチやアクセサリーを置けるスペースを設けるなど、機能性にも充分配慮した設計になっています。また、チャイルドシートの設置がしやすい車にも人気があります。

実際のところ、どのような中古車が女性に人気であるのでしょうか。多くの女性から人気があるのがコンパクトカーや軽自動車です。

軽自動車ではワゴンRなども人気です。広々とした車内と使い勝手の良さが人気の秘密のです。ほかにはライフやムーヴなどにも人気があり、学生から主婦まで幅広い層に愛用されています。

コンパクトカーではパッソやマーチが人気です。とくにカラーバリエーションが豊富なマーチは、女性の中古車選びで注目車種です。

いずれにしても、女性には小さくて可愛い車に人気が集まるとみたほうがよさそうです。

 

保証が大切

いま中古車を購入するとき外せない視点が購入後の保証です。新車ではないので、しっかりした保証は付いてないのが当たり前と思ってはいけません。

どの車にも絶対保証がついているわけではありません。お店によって、ちゃんとした保証を付けてくれるところがあります。店内に表示してなくても、営業マンに聞くと、保証を付けられます、というところがあります。

ただ、保証がない車にも安く手に入れることができるというメリットがないわけではありません。自分で整備ができるのであれば、メンテナンスも安く済ませることはできますが、通常のユーザーならそんなことは無理です。

保証つきの車を選ぶと若干値段も上がりますが、安心を得るという面からも保証は欠かせません。若干値上がりするといっても、2~3万円程度でしょう。後々のことを考えるとつけておいた方が安心でしょう。

保証内容ですが、販売店によって内容が異なってきます。期間はだいたい2~3年というところが多いでしょう。走行距離に制限がある場合もありますが、中古車選びの際にチェックしておきましょう。

年式や車種によってかなり保証料金に少し違いはありますが、余裕があるようであれば入っておいてほうがよいでしょう。

 

スポーツカー

スポーツカーは見た目ばかりでなく、やはり乗ってみればスピード感や乗り心地も普通の車とは違います。

デザインも総じて格好の良いものが多く、ドライブが好きな人にはもってこいのクルマです。青く晴れ渡った空のもと、オープンカーにして走ると気持ちいいものです。

スポーツカーは、男性からの需要が多いですが、新車で買うには高すぎるので中古車でという人もいます。しかし、スポーツカーの場合は中古車選びは、お気に入りの1台を見つけるまでのハードルはかなり高くなる傾向があるようです。

新車であっても、安くて100万円程度は覚悟しておく必要がありますし、高いものは1000万を超えるものもあります。憧れの車ですから、少々値が張っても手に入れたいという欲求は高くなっています。

スポーツカーのなかで馬力があると言われているクルマに三菱のランサーやトヨタのソアラ、ホンダのNSXなどがあります。また日産のフェアレディやマツダのロードスタークーペは、スポーツカーの初心者でも乗りこなせやすいと言われています。

ただ、中古車選びでは、国内車より輸入車の方が目が向く方も多いでしょう。フェラーリやポルシェなど、あの憧れの輸入車が中古車でも手に入れることができたら…

赤のフェラーリは中古車でも1000万円を超え、簡単に手に入れることはできそうにありません。フェラーリに比べるとポルシェは500万以内で購入mできる場合があるので、輸入車にしてはお手ごろ感があるかもしれません。いずれにしても、中古車なら慎重に選びたいものです。

 

クルマと燃費

中古車を購入する場合であっても、燃費のよさを追い求める人もかなりおられるでしょう。昨今のようにガソリン代が上昇するなかで、少しでも出費を抑えたいものです。

中古車は、新車に比べるとどうしても燃費の悪くなりがちですが、新車で燃費の良い車は中古車になっても燃費がいいのが普通です。

中古車選びの際は、新車のとき燃費がいいと言われていた車を調べておくといいでしょう。いちばん、てっとり早いのは、ハイブリッドカーか、軽自動車をねらうことでしょう。
ちなみに燃費がいいと言われているハイブリッドには、トヨタのプリウスやアクア、ホンダのフイットなどがあります。燃費の良さを比較するランキングでは必ず上位に入ってきます。

ハイブリッドカーはいま、注目をあびています。ハイブリットカーはエンジンと電気モーターの二つを使って駆動力を得るもので、同時に電気エネルギーも作り出せるのが特徴です。

プリウスやアクアなどハイブリットカーは燃費がいいのでお勧めです。ホンダのフイットのハイブリッドは、発売されて日が浅いので、中古車市場に多く出てくるのにもう少し、時間がかかるでしょう。

その他、ハイブリッドカーは、日産にも、マツダにも、スバルにも三菱にもあります。このうようなメーカーは、ハイブリッドカーのメーカーとしてあまり認知されていないので、このようなメーカーのハイブリッドカーは、狙い目かもしれません。

また、燃費がいいと言われている軽自動車は、選択から外せません。しかし燃費はいいものの、コンパクトカーと比べるとパワーに欠け、車内も若干狭くなるので、少し考えどころかもしれません。

使い方次第では、コンパクトカーとくらべて燃費はあまり遜色ないとも言われています。ノートやフィットはコンパクトカーのなかでも燃費がいいほうでしょう。

そして、燃費のいいクルマを探すうえで忘れてならないのは、電気自動車です。燃費において電気自動車の右に出るものはないでしょう。

もし、中古車で電気自動車のよいものをを見つけたら、それは掘り出しものでしょう。とまれ、自分がどのようなクルマを求めているのか、よく考えて購入するようにしましょう。

車の買取相場表を下取り価格と比較してみよう!

 

新古車

中古車市場には「新古車」と呼ばれるクルマがあります。すでに登録されてナンバーが付いているので新車ではありませんが、走行距離も新車並みという車で、まだユーザーに引き渡されたこともない車のことです。

しかし、新古車という表示は、自動車の取引の公正化を図る自動車公正取引協議会の規約上は不当表示とされています。

登録されたばかりのクルマであっても、新古車という表示をして販売してはいけないという取り決めになっています。なぜ、このような規約があるかというと、ユーザーを迷わせないためです。

たとえば、すでに登録されている中古車なのに、新古車などという呼称を使えば、新車と紛らわしくユーザーを迷わせることになるからです。

新古車という不当表示を使えないため、「未使用車」とか、「登録したての車」とか、さまざまな表現で、車を販売しています。

なぜ、いわゆる「新古車」が出回るのかというと、それは自動車メーカーの作り過ぎが最大の原因だといえます。メーカーでは計画通りに多くのクルマを生産します。

そのしわ寄せは、ディーラーに来ます。販売力以上の台数を、メーカーから販売奨励金が出ることもあってディーラーとしてもこれを引き受けてしまいます。そして、自社名義で登録するのです。

このようにして「新古車」が、中古車市場に流通してきます。新古車は、ユーザーにとってもメリットがあります。

1.新車に比べて価格が安いこと。
2.税金が安上がりになる。(重量税・取得税)
3.品質は新車並み。

それで、中古車選びの時に新古車を探す人も多いのす。新古車として販売されているもののなかには、ショールームに展示されていた車や輸送中に損傷した車などがあります。

普通の中古車に比べて新車並みに綺麗でありながら、新車より価格が安いため人気があります。

しかし、注意が必要なのは新古車の基準が明確ではないことです。販売店により基準が違うため、私たちが想像している以上の走行距離のものが新古車として売られているケースもあります。

販売元がメーカー系のディーラーであれば保証なども、ほぼ新車と同一なので問題ないでしょう。しかし、新古車にも問題はあります。

新車のように、ボディ色やオプション装備などを自由に選ぶことができません。色が気に入らない、不要な装備が付いている「新古車」なら、必ずしもお買い得とは言えないのではないでしょうか?

新古車と聞くだけで安心してしまう人も多く、買わなきゃ損だと思う人もおられるようですが、新古車であっても、なかには事故車や冠水してしまった車などもあるので、なぜ新古車になったのかもチェックしましょう。

そもそも、公取協違反の「新古車」という表示をしているお店は、避けたほうが無難だと言うことはできるでしょう。