新古車

中古車市場には「新古車」と呼ばれるクルマがあります。すでに登録されてナンバーが付いているので新車ではありませんが、走行距離も新車並みという車で、まだユーザーに引き渡されたこともない車のことです。

しかし、新古車という表示は、自動車の取引の公正化を図る自動車公正取引協議会の規約上は不当表示とされています。

登録されたばかりのクルマであっても、新古車という表示をして販売してはいけないという取り決めになっています。なぜ、このような規約があるかというと、ユーザーを迷わせないためです。

たとえば、すでに登録されている中古車なのに、新古車などという呼称を使えば、新車と紛らわしくユーザーを迷わせることになるからです。

新古車という不当表示を使えないため、「未使用車」とか、「登録したての車」とか、さまざまな表現で、車を販売しています。

なぜ、いわゆる「新古車」が出回るのかというと、それは自動車メーカーの作り過ぎが最大の原因だといえます。メーカーでは計画通りに多くのクルマを生産します。

そのしわ寄せは、ディーラーに来ます。販売力以上の台数を、メーカーから販売奨励金が出ることもあってディーラーとしてもこれを引き受けてしまいます。そして、自社名義で登録するのです。

このようにして「新古車」が、中古車市場に流通してきます。新古車は、ユーザーにとってもメリットがあります。

1.新車に比べて価格が安いこと。
2.税金が安上がりになる。(重量税・取得税)
3.品質は新車並み。

それで、中古車選びの時に新古車を探す人も多いのす。新古車として販売されているもののなかには、ショールームに展示されていた車や輸送中に損傷した車などがあります。

普通の中古車に比べて新車並みに綺麗でありながら、新車より価格が安いため人気があります。

しかし、注意が必要なのは新古車の基準が明確ではないことです。販売店により基準が違うため、私たちが想像している以上の走行距離のものが新古車として売られているケースもあります。

販売元がメーカー系のディーラーであれば保証なども、ほぼ新車と同一なので問題ないでしょう。しかし、新古車にも問題はあります。

新車のように、ボディ色やオプション装備などを自由に選ぶことができません。色が気に入らない、不要な装備が付いている「新古車」なら、必ずしもお買い得とは言えないのではないでしょうか?

新古車と聞くだけで安心してしまう人も多く、買わなきゃ損だと思う人もおられるようですが、新古車であっても、なかには事故車や冠水してしまった車などもあるので、なぜ新古車になったのかもチェックしましょう。

そもそも、公取協違反の「新古車」という表示をしているお店は、避けたほうが無難だと言うことはできるでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です