購入まえの試乗

中古車を購入するときに、外観や車の内装などのチェックはもちろんですが、実際にクルマは乗ってみないと分からないところがあります。

というわけで、現在は中古車販売店によっては試乗できるところもがたくさんあります。とにかくも、買う前にはいちど試乗したいもの。なのに試乗を断わる販売店は、怪しいと思って避けたほうがいいですね。

もし、あなたが運転してキズをつけてしまうのが心配であれば、販売店の営業マンに運転させて同乗することは最低限必要でしょう。

では、試乗もしくは同乗して、チェックするポイントにはどのようなものがあるでしょう。

fit220

まずはエンジンです。エンジン音はもちろん、加速するスピードもスムーズか、きちんと確認する必要があります。

そして、ハンドリングです。違和感がないか注意しましょう。たまに事故歴があるクルマで、へんな癖がついているものもあるので要注意です。

エンジンとおなじように重要なのがブレーキです。効き具合はもちろん、踏み込みやブレーキのかかり具合をチェックしましょう。できれば、坂道でのブレーキの効き具合もチェックしたいところです。

つぎにミッションのチェックもしましょう。もし、マニュアル車なら、チェンジがスムーズか、変な音がしないか、またクラッチに滑りがないか確認しましょう。ギアが入りにくい車は避けた方が無難でしょう。

サスペンションの反応もチェックしなければいけません。踏切を横断したとき、異常な揺れはありませんでしたか。

また、走行中に車体が左右どちらにも傾いていないかチェックしましょう。走行中にハンドルを切った時に左右とも異常がありませんでしたか。

自分で乗って確かめることが中古車選びではとても大切です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です