下取りと買い取り

中古車選びの際に気になってくるのが、今乗っている車の下取り価格のことではないでしょうか? 中古車は新車を購入する場合と違って車自体の価格が値引きされることはほとんどありません。

そのため、下取り価格が実質的な値引きのような働きをするので、中古車選びにあたって下取りはとても大切にな要素になります。

自分の車の下取り価格の相場をある程度知っておかないと、販売店の言い値になることが多いので気をつけましょう。

そもそも、下取り価格の査定は、新車の価格から、年式や走行距離、事故歴などをチェックし、減点方式で査定していくのが通常です。

したがって、人気の車であるからといって加点されることはありません。自分が愛車を普段からどのように扱い、乗ってきたかということが大切になってきます。

もし、自分が思っていたより下取り価格が低い場合は、そのまま販売店に下取りに出すのではなく、中古車の買い取り専門店に売ることも考えてみましょう。

基本的に愛車を売却する場合、下取りより価格より買い取りの価格の方が高いと言われています。さらに、たんに中古車買取専門店の店頭に持参して査定してもらうのではなく、インターネットを利用した車の一括査定というものを利用したほうが、さらに買取価格は高くなると言われています。

下取りと購入が別のお店になるので、面倒だと考える方もおられますが、思ったほど面倒なことはありません。

売却額の差が大きいので、少しの面倒くささは気にならないでしょう。