中古車を買うとき

いうまでもなく中古車と新車と違います。中古車は、「一点もの」と言われており、同じ年式の同じ車種であっても、一台一台クルマの状態が違います。

そのため、中古車は外見だけで判断することはできません。充分に気をつけて購入したつもりであっても、購入した後で騙されたと思ってしまう可能性あることも否定できません。

だからといって、だまされるのが嫌だから中古車を購入しない、というのもあまりにも短絡すぎるでしょう。

では、上手に中古車を購入する方法とかコツのようなものがあるのでしょうか。これは、はっきり言ってしまえば、われわれ素人では、まちがいなく中古車を見極めて購入するということは、無理です。ただ、自分なら可能だと過信している方は、おられるでしょうけれども。

そこで、いまでは一般的には、「中古車は、信用のできる店で買え!」と言われています。これは、クルマの専門家と言われる人ほど、中古車選びは最終的には、いかに信用できる店で買うか、つまり店選びが決め手になると断言しているのです。

これは、考えようによっては、とても不思議なことです。というのは、だれも新車を購入するときは、いろいろ頭を痛めるのは、どのメーカーのどの車種にするか、ということです。新車の場合は、けっしてお店選びが決め手になることはないからです。

これは端的に、新車は同じ車種なら、どの販売店で買おうが、同じような品質の車だと思われているのに対し、中古車は同じ車種・同じ年式の車でも、一台一台同じものはない、ということです。。

そして、これには2つの意味があります。一つは、そのものずばり、中古車は、「一点もの」であり、世界に一つしかないものであるから販売価格がちがうということです。これは、よい意味で言われています。

しかし、もう一つは、よくない意味で、お店選びが決め手になると言われています。いうまでもなく、中古車販売店のなかには信用できないお店があるということです。

信用できないお店が、どういうものであるかというと、これは大きく2つに分かれるでしょう。

1つは、クルマそのもには問題ないけれども、価格が以上に高い、とくに輸入車などもともとの新車価格の高額なもについては、不当な価格設定で暴利をむさぼっている業者がいることです。

もう一つは、クルマそのもに問題がある場合です。メーターの巻き戻しは序の口ですが、事故車を事故歴のないように装い、価格設定を下げなかったり、その手口のおもだったものを述べるだけでも、とほうもない字数を要するでしょう。

いずれ、悪質業者の手口についても、おいおい紹介していきたいと思います。
したがって、いまは、中古車を選ぶまえには、販売店を選ぶことを考えることが大切だということだけ頭に入れておきましょう。

お店を選ぶときには、最低限、愛想のよい担当者ではなく車のことに詳しく、そして誠実な対応をしてくれる店を選びましょう。

値引き交渉も、なかなか簡単ではありません。どこまで値引きできるのかを知ることが重要ですが、これは通常わかることではありません。

したがって、本体価格を下げてもらうよりも、サービスを追加してもらう交渉のほうがよいでしょう。サービスは販売店で柔軟に対応できるからです。ですので、お店でできるサービスにどのようなものがあるか、確認することが大切です。

なかには、中古車の保証を意外に安い価格で、2年くらいの保証をつけることのできるお店もあるので、保証のついていない車の場合は、聞いてみるとよいでしょう。

ともあれ、気に入った車を見つけても、すぐに購入せずにじっくりと考えてください。とくに、お店の人が上手に、いまこの車を検討しているお客さまがいるので、早い者勝ちになります、というようことを言われても、それなら、また別の車を探そうという気持ちでいてください。

あせって、中古車は買わないと決めておきましょう。販売店に行った、その日に決めずに、いったん結論は持ち帰りましょう。数日考えれば、自分でも納得した結論が出るまで待ちましょう。